MARI-LABO

MARI-LABO

スパイスを使った料理、染のブログ

おんぶ紐をスパイスで染める

出産後、初めて実家に帰省した時に祖母がおんぶ紐を見せてあげると昔使っていたおんぶ紐を物置から引っ張り出してきました。
私の父親を負ぶったというかなりの年季もの。

私はエルゴの抱っこ紐を使っていますが、おんぶするときはおんぶ紐の方が赤ちゃんの視界が開けて良いよと聞いていたので、年季の入ったおんぶ紐をもらって帰りました。

ターメリック絞り染め

さすがに多少黄ばみがあったので、防虫効果もあるターメリック絞り染めを行いまいした。
あまりにビビットな色だと使いにくいかなと思い、今回は淡く染めました。

いつもはミョウバン媒染をしているのですが、今回は鉄媒染に挑戦。
ちょうど大工の友人が遊びにくる予定だったので、錆びて使えなくなった鉄釘ない?と聞いたら、たくさん持ってきてくれました。
まずは鉄媒染作りから。
この本を参考にして作りました。

草木染めをしてみませんか―工房で、キッチンで (淡交ムック―ゆうシリーズ)

草木染めをしてみませんか―工房で、キッチンで (淡交ムック―ゆうシリーズ)

鉄媒染剤の作り方

材料

鉄釘500g、食用酢500㏄、空のペットボトル(2ℓ)、生ごみネット、計量カップ、菜箸

作り方

鉄釘と水と塩を入れて混ぜ、一日おいて錆びさせる。もらった釘はすでにちょこちょこ錆びていたけど、もっと錆びさせるために。

鉄釘を取りだして、新聞紙の上に広げて釘全体に錆が浮くまで空気に触れさせる。
計量カップに空気に触れさせておいた釘を入れ、酢を加える

箸でかき混ぜながら錆を落とし、酢とよく混ぜ合わせる。これで一日置いておく。
ネットを使ってペットボトルに液を濾しとる。これに水1.5ℓを加えこれで完成。釘の錆はきれいに落ちています。

ターメッリク染料液の作り方

粉末のターメリックをお茶パックに入れる。破れないように2重に入れて置く。
布と同じ重さの染料をいつもは使うけど、今回は薄くしたいので少なめに。

水を加えて火にかけて、沸騰したら中火にして10分煮出す。

ターメリックを取りだし、布を入れ沸騰したら火を止め冷めるまでつけ置きする。時々、箸でかき混ぜてムラがないようにする。

布を絞り、鉄媒染液に1時間ほどつけます。
洗濯機で水洗いし、軽く脱水して日陰干しをします。

おんぶ紐は綿なので、染まりやすいように「下ご」と言って豆乳に一時間ほどつけて乾かしておきました。
豆乳は水で薄めて、カルピスよりもちょっと薄いくらいの濃度で大丈夫です。

絞り染めの種類

今回はいろんな絞りをしました。
ちょっと色が薄くて見えにくいですが。
身近にあるものばかりを使っています。

結んだだけの結び初め

ひよこ豆で豆絞り

輪ゴムで縛ったり

割りばし

貝殻や石。豆のササゲを使ったら、紫に染まった!

フィルムケース


うーん、やっぱりどれも薄くて見えにくい…。

まだ、暑くておんぶ紐はつけられなそうですが、腰が据わって涼しくなってきたら使おうと思います。

カレーをこぼしても大丈夫!ターメリック染めのエプロン - MARI-LABO
ヘナと紅茶、スパイスで紅型染め - MARI-LABO
スパイスで型染め完成!! - MARI-LABO