MARI-LABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MARI-LABO

スパイスを使った料理、染のブログ

ターメリックがあれば出来るチャパティ鍋☆パキスタンの郷土料理

フンザに研修に行ってきた方がお昼の賄いにまたパキスタンの料理を作ってくれました。
賄いでフンザ料理が出るところなんてエヌ・ハーベストくらいなんじゃないかしら。。

CHAPSAE DOUDOという日本でいうと、ほうとう鍋のようなものです。

材料 (4人分)

チャパティ(全粒粉150gと水)
・玉ねぎ 大1個
・鶏肉 200g
ターメリック 一つまみ
・塩 ティースプーン1
・水 750ml

手順

事前に全粒粉に水を加えて耳たぶくらいの硬さに捏ねておきます
①油を熱した鍋でみじん切りにした玉ねぎを茶色になり始めるまで炒め、ターメリックを加える
②お肉を一口大に切って、①に加え焦げ目をつける
③塩と水を加えて沸騰したら弱火で15分ほど肉に良く火が通るまで煮る
④細長く切ったチャパティを加え、数分煮て完成

あまりスパイスを使っていないので、優しい味。
これから秋になっていくのに体を温める良い料理だなと思います。

去年ラダックを旅行した時も、スキウという同じような料理を毎日食べていました。
フンザとラダックは気候が似ているので、食べ物も似ているのかもしれません。

ターメリック

抗酸化作用、老化防止、肝臓解毒など様々な効果があると言われているスパイスです。
一方で子宮収縮を促す効果があるので、妊娠中は摂取を控えた方がいいと言われていますが、料理にスパイスとして使用するくらいの量だったら大丈夫みたいです。
スパイス屋で働いているので、賄いはカレーのなどのスパイス料理が多いですが、情報を集めつつ気を付けて摂取するようにしなきゃね。