MARI-LABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MARI-LABO

スパイスを使った料理、染のブログ

ブラックペッパーがあれば出来るパキスタンの郷土料理

パキスタンのフンザに研修に行っていたエヌ・ハーベストの社員さんが帰国して、フンザの料理を作ってくれました。

日本の家庭にもある材料で出来るし、ほっこりとした味がして美味しかったです。
妊娠中は食べ過ぎ注意のスパイスもありますが、この料理はブラックペッパーしか入っていないので安心して食べることが出来ました。

CAHP SHUROという料理です。


材料

・玉ねぎ
・キャベツ
・鶏肉
・じゃがいも
・塩
ブラックペッパー
・小麦粉
・全粒粉

手順

①小さく切った、玉ねぎとキャベツ、鶏肉を炒める
②ふかしたジャガイモをつぶして、①と混ぜ、塩、ブラックペッパーで味を調える
③小麦粉と全粒粉を混ぜたものに水を少しずつ加えて、耳たぶくらいの硬さにする
④③を丸く薄く伸ばしたものに②を挟んでプライパンで焼く(油不要)
⑤飾りで上にトマトと青唐辛子をトッピングしても美味しい

レシピは聞いたのでざっくりです。
全粒粉は入れすぎると硬くなってしまうので、小麦:全粒粉=8:2くらいでもいいし、小麦粉のみでもいいと思います。

フンザ出身のアリフさんが形成と焼くのを手伝ってくれました。
アリフさんは牛肉を入れることが多いらしく、お子さんが好きなので家でも良く作るそうです。

なんだか肉じゃがのような味がするんだけど、肉じゃがではない‥初めて食べるのに懐かしい味がしました。
日本にある材料でも料理方法でフンザ料理に!