MARI-LABO

MARI-LABO

スパイスを使った料理、染のブログ

自宅でも出来る!麹の仕込み

赤羽のシェアハウスを仕込むイベントを行いました。
facebookイベントページを立てて、告知しました。
味噌や甘酒は作ったことはあるけれど、その元となる麹造りは初めてです。
麹作りを勉強してきた友だちに講師を頼みました。
完成するまでに時間はかかるけど、作業そのものはすぐに終わります。
f:id:mari-labo:20150330150436j:plain
お米を浸水(5-7時間)させて、水を切り(2時間)蒸します(40分)。
f:id:mari-labo:20150329174715j:plain 
餅つき大会をした時の蒸し器がとても役に立ちました。
蒸し上がったら熱いうちに種麹を振りかけて、お米一粒一粒をバラバラにする。
種麹には甘酒用、塩麹用など色々な種類があるそうで、今回は甘酒用のものを使用しました。
f:id:mari-labo:20150329174747j:plain f:id:mari-labo:20150329174828j:plain
菌がまんべんなくお米につくようにします。
 f:id:mari-labo:20150329174804j:plain
 
後は温度管理。ふきんで縛って保温ボックスに入れ30~45℃を保ちます。

 

3~4時間ごとに発酵が進んでいるか確認します。

 f:id:mari-labo:20150329175303j:plain f:id:mari-labo:20150330150657j:plain
仕込みの最中は麹の歌という寺田本家さんなどが作った歌を聴きながら行いました。
f:id:mari-labo:20150330150422j:plain f:id:mari-labo:20150330150715j:plain
40~48時間で肌身離さず温度管理をして、出来上がりです。
 
仕込みの後は発酵に関係のある食べ物を持ち寄ってのご飯。
ぬか漬けや酒粕と豆腐の白和え。お酒やお味噌汁など、日本食に発酵が至る所に使われているとこを実感。
f:id:mari-labo:20150330100910j:plain
私はこの間の安曇野旅行のわさび農場で作ったわさび漬けを使って鳥ハムを作りました。
f:id:mari-labo:20150330101209j:plain
デザートに豆腐と味噌の和風ティラミス甘酒ほうじ茶チャイも作りました。
f:id:mari-labo:20150330150252j:plain 
発酵に感謝しながら美味しくいただきました。
麹もスーパーで売っているので手軽に買う事は出来ますが、どんな方法で作られているのか初めて知りました。