MARI-LABO

MARI-LABO

スパイスを使った料理、染のブログ

パレスチナ料理を作ってみました。

学生の時にエジプトへ旅に行って以来、中東とかイスラム圏を旅するのが好きです。イスラムのおっちゃんがチャイすすりながら道端でバックギャモンしてたり(朝から晩までしてたりする)、風に乗ってアザーン(イスラム教のお経)が流れてきたりする。アラビア文字は魅惑的なデザインにしか見えない。乾燥した土地が多く、昼と夜の寒暖差が激しくて昼間のギラギラした太陽をいっぱい浴びた果物はびっくりするほど甘い。私の中東のイメージはこんな感じ。中東に旅に行くというと、危なくないの?と心配されるけど、とても親切な人が多い。中東では客人は幸運をもたらしてくれると言われているとか。

パレスチナを研究している友だちがいて、パレスチナ勉強会を開いてくれ、それがきっかけで2012年にパレスチナイスラエル、ヨルダンへ旅に行きました。

旅から帰ってきてからも、パレスチナのボランティアへ行ったり、代々木上原のモスクに行ったり、シーシャ(水タバコ)吸いに行ったり、中東熱は常にありました。

先日、中東料理勉強会へ行って来て、久しぶりにパレスチナの料理を作りました。
”マクルベ”という、パレスチナ版炊き込みご飯です。スパイス効いてて美味しかった~。ちなみにマクルベはパレスチナ語でひっくり返すという意味らしく、鍋をお皿にひっくり前して盛り付けます。なんとも豪快!


早速、家でも復習兼ねて作りました。
パレスチナで買ってきたマクルベスパイスなるものがあったので、それを使用。マクルベスパイスには、シナモン、カルダモン、クミン、ターメリック、コショウが入っています。

野菜は家にあった人参、ピーマン、じゃがいも。秋だったらナスを入れても美味しいと思う。
自分で作るのは2回目。スパイスが封を開けてから時間が経っていたので、風味が少し飛んでいたかも。
スパイス料理ってたまに食べたくなるんだよね~。
これから寒くなってくるから、次回はジンジャーとかも入れて作ってみようかな。

20141020145137

 

f:id:mari-labo:20141020144904j:plain